マンションの大規模修繕は実績のあるプロに任せよう

男女

適正料金での施工

男性

チェックを忘れずに

マンションは定期的に修繕工事を行っていかないと、生活に支障をきたしたり、マンション価値が低減してしまいます。大規模修繕工事になると大きな費用がかかることが気になることですが、修繕工事の内容や費用を知っておくことによって修繕の必要性を理解し、資金計画を進めていくようにしてください。マンションの大規模修繕工事はおよそ10年から12年に1回外壁塗装を行います。同時に屋上や外壁の目地の防水工事も2回に1度位の割合で行われます。調査によっては2回続けて防水工事が行わなければいけないときもあります。マンションの状態を確認してから適切な修繕工事を受けるようにしてください。マンション大規模修繕工事業者はコンサルタントやマンション管理会社を通じて指定されます。マンション大規模修繕工事業者によっては大規模なマンションの修繕を得意にしているところもあれば、小規模のマンションを得意にしているところもあります。マンション規模に合わせたマンション大規模修繕工事業者に施工をしてもらわないと、料金の割に小さな作業範囲しかしてくれないこともあります。また、コンサルティングを得意にしているマンション大規模修繕工事業者であれば、不必要な修繕はしてこないので、料金を低額にすることができます。このように全てをコンサルタントや管理会社に任せてマンション大規模修繕工事業者を決めてしまうと余計な料金を支払わなければいけなくなるため、説明や報告はマンションの理事会で細かくチェックを入れることを忘れないでください。